Que sera, sera*

05-« 2017-06- /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07-
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 遺族年金の手続きBLOGTOP » *家族* » TITLE … 遺族年金の手続き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺族年金の手続き

t00880123_0088012310969757896.jpg

先日、母と遺族年金の手続きに
「年金事務局」へ出かけた。


父親を亡くすと、ほんっっっっとに手続きが色々あって
むっちゃやらなアカンこと、ありますねー (゚Д゚≡゚Д゚)

父は、昭和5年生まれの享年82才でした。

事務局へ年金手帳と必要な書類を揃えて持っていくと
窓口で係りの方が、コンピューターでカタカタカタカタカ・・・と
何やらお調べ中。


そしておもむろに顔を上げ、母に
「ご主人、昭和21年頃どっか勤めてはりませんでしたか?」
と聞かれる。

母は、突然の質問に戸惑った。


母が父と結婚したのは、昭和33年。
結婚前のことなんで、聞いたような・・・聞いてないような・・・・

それでも、何とか思い出しつつ

確認が取れた。



どうやら、母と結婚する以前にも別の仕事に就いていた
形跡が残っているらしく、その分も遡って
未払いとして受け取ることが出来るそう。


昭和21年だなんて、戦後すぐのことで
それでも、その当時の記録って残っているもんなんですね。



私たちは、思いもよらない申し出に
ほんとにビックリしました。

その手続きに、どっぷり約2時間かかり疲れ果てた
母と二人で、帰りにランチを頂きました。


lc.jpg 

イタリアンのランチセットで、世界のトマトを
パフェグラスに入れた、とてもカラフルなサラダの前菜。
見てるだけでも、癒されますぅ~(p゚∀゚q)

そして本日のメインのパスタは「鱧」のペペロニチーノ。
「鱧」が苦手で食べれない私が、それをオーダーしたので
母が「あんたハモ嫌いやん、食べれるん??」と聞かれて

「ハモ」が「鴨」に聞こえて、それにしてしまった!!
もう、それでええわ~と言って、ハモはほとんど母に
食べてもらった( ;∀;)

どんだけ疲れとったんでしょうね(笑)

まだまだ、生前の父の残務が残っています。
片付けながら、また父に思いを馳せて
ぼちぼち、みんなで片付けて行かないとね。





 
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。