Que sera, sera*

05-« 2017-06- /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07-
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 読書BLOGTOP » 読書・映画 » TITLE … 読書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書


いつも本を買う時、直感だけで選ぶ私。

だから当りはずれは必ずあるね。

o0044003210989441422.gif

最近のチョイス、なかなか当りが多いんです( ̄w ̄) 




301871.jpg 
「阪急電車」の著者:有川浩さんの本です♪




このお話。私的には、ほんとにそこ!! そこやねんっ!!!!

と叫びたくなるようなお話でした。


ざっくりストーリーを書きましょうかね。


きっかけは「忘れられない本」。
主人公の伸さんは、大阪出身で社会人となり
東京で独り住まい。

ふと、学生時代に読んだ一冊の「忘れられない本」のことを
思い出し、ネットで検索していると
同じ本についてレビューを書いている
「ひとみさん」と知り合う。

そこから始まったメールの交換。
共通の趣味を持つ二人が接近するのに、
それほど時間はかからなかった。

まして、ネット内時間は流れが速い。
主人公の伸さんは、あっという間にひとみさんに惹かれて行き
どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。

だが、彼女はどうしても会えないと言う。
かたくなに会うのを拒む彼女には、
そう主張せざるを得ない、ある理由があった―。



・・・と、ここまでは普通に恋愛物語なんやけど。



実は、彼女の会いたくても会えない理由と言うのが

彼女は、聴覚に障害があった。
なので、どんどん好意を抱きはじめた伸さんに
会えばそのことがバレてしまう。

しかも、中途失聴者と言って途中から事故で
耳が不自由になった人。

だから聞こえないけどしゃべれる人。

ああー、じゃぁまだ良かったやん!!

これは、健聴者の意見だそうでこう言う人(中途失聴者)たちこそ
「勝手つんぼなんちゃうん?」とか、「しゃべれんねんからマシやん」と
誤解や非難を受けやすいんだそう。


でも、悪気とか全然なしに私だってきっと中途失聴者の人が
周りに居たら気安くこう言って励ましたつもりに
なっていたに違いない。


この主人公の伸さんも、漏れなく関西人ならではの
ノリと性格で、ひとみさんにズバズバと
前向きな言葉で励まし続けるんやけど
彼女にとったら卑屈だと言われても仕方ないほど
どんどん心を閉ざしていく。

お手本のような前向きな励ましこそ
彼女をどんどん追い込み、落ち込ませる。


「どうせ、伸さんは耳が聞こえる人だから
私の気持ちなんてわからないっ!!!」


差別されたくない。
普通の女の子として、接して欲しい。
同情されたくない。
迷惑をかけたくない。
大切な人の、足枷になるくらいなら
自分から身を引きたい・・・。
私とさえ、出会わなければきっと伸さんは
耳の聞こえる普通の人と結婚して幸せになれるのに・・・。

この展開が、普通なんですよね。

こう言う、色んな意味で「めんどくさい」女の子に対して
伸さんが、本音で真っ直ぐにぶつかって行くお話なんですよね。





ほんまやで。

この本は、きれい事とかお手本的な事とかないねん。

ガチンコなお話やなぁ~ って思った。



障害を持っている人たちの気持ちも
そう言う人たちに接する周りの人たちの気持ちも
家族の気持ちも
心の葛藤とか、汚い部分とか、差別とか羞恥心とか

ほんまに、全部ガチンコで正直な気持ちが
書いてある本でした。


私ね、常々思うんですよ。

障害者も遠慮なんかせんと、本音言うたらええんですよ。
「体、不自由なんやから!!もっと助けてくれてもええんちゃうん?」
とか。

逆に障害ない人かって、腫れ物に触るみたいちごうて
「どないして欲しいん?助けた方がええのん?
放っといてほしいん?どうなん?」って聞いたらええやん。




言うとくけど、障害持ってる人に「みんなと同じように扱ってほしい」
って言われても、それは無理やろ。


お爺ちゃんに全速力で50m走れって言われへんやん?
赤ちゃんに泣くなっ!!て言われへんやろ?

赤ちゃんには、赤ちゃんの
お爺ちゃんには、お爺ちゃんなりの出来る範囲があるんやから。


年寄りに席譲ったら「そんな年寄り扱いすなっ!!」って
怒る人・・・あれと一緒やん。


差別してるんちゃうねんで。

精一杯「労わって」ますのんや。


せやからね。敢えて特別なことせんでも
もっともっと、誰もがみんな

他人に興味を持てばええだけなんちゃう?



体が不自由だとか、年がどないやとか
そんなんちごうて、ただただ
自分の周りの人、誰にしても
「今、この人どないしたいんかな?
私にどないしてて欲しいんかな?」って

興味を持つことだけで、割と上手いこと行くこともある。


この本からは、そう言う気持ちをガチンコで
伝えてもらった気がしました。










スポンサーサイト

*** COMMENT ***


ねえさん!
そうなのよ!同感!

どうして欲しいの?
どうしたらいいの?
言える人には伝えてますけど
伝わらない&伝えられない場合もあります。

『知りたい』し『伝えたい』。。。

読んでみよっと♪

ねえさん、ありがとです!

NO TITLE

おかんも読むーーーーーー!

*rimさんへ*

難しところですよね・・・人の琴線に触れると言うことは。
押し付けではなく、自己満足でもなく
偽善でもない。
ただ、ただ・・・あなたに興味がありますよ
って言う言動なんだけどね。

ほんと、難しいことです。

でも、私は常に自分らしく貫きたいと思うてます(*^-^*)

rimさんも、是非機会があれば一読してみて下さいね♪

*おかんさんへ*

読んでみてーーーーー!
ほんで、また感想聞かせてーーーーーー(*´pq`)

NO TITLE

ヤホー!ジュンペコだよ!

本も良さそうだけど、
よぅちゃんの話がとてツボ!

いいなあi-178

*ジュンペコリーナちゃんへ*

(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノヤホー♪
遊びに来てくれてありがとー♥
超うれしいんですけど(笑)

この本、良かったよー♪
てか、私の話がツボって・・・・(/ω\*)ポッ
大阪のオバチャンの独り言に
お付き合い頂いて、どうもありがとね。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。