Que sera, sera*

04-« 2017-05- /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06-
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 父の認知症(我が家の場合)BLOGTOP » *家族* » TITLE … 父の認知症(我が家の場合)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の認知症(我が家の場合)

じーじの認知症は、緩やかに始まり

ある日突然、急速に進行もしちゃったりします。


一時は、MRIで脳の検査を受けさせようか・・・とも家族で相談したけど

じーじが若年性なんやったら、もちろん一刻も早く治療を・・・

と思うけど・・・80歳よ。今さらよ、認知症確定したからって

沢山のお薬飲ませて、あたふたするよりも

こんなもんやろ・・・と、覚悟すっぺかとなった我が家。

(とは言え、定期定期にきちんとホームドクターに往診してもろてますのでご安心をば)



実家へ寄ったら、じーじがベットに横たわり

背中・・・背中が・・・痛い。

起して・・・立たれへん。と、今にも死ぬんか・・・みたいな形相。


えらいこっちゃ(°Д°;≡°Д°;)と思うでしょ??

ところが、どっこいしょ=3

自分の用事あるときは、さっさと自力で立ち上がるんですけどね。('∀';)



あの通帳、返してっ!!

わしの金、全部取り上げくさって!!!

今すぐ耳そろえて、返してんかっ!!!


と目を三角にして、血相変えて激昂もします。




まだ、もうちょっと馬力のあった頃のボケっぷりは

勝手に新聞の広告欄見て、通販を申し込みはります。

だもんで、同じ腕時計が3つ届いたことも・・・Σ(・ω・ノ)ノ




季節の判断がつかんから、真夏に暖房つけますし

テーブルには、飲みもしない飲み物のコップばかりが

並べられているのに「お茶いれてー」と言うし。



そのくせ、デイサービスへ行く曜日はしっかり覚えてて

いつも4時、5時に起きるのに

行きたくない日は、わざと朝寝坊。

仮病だってお手の物です(ほんま、役者になればいいのにw)



母も、今じゃもう手馴れたもんです。(ここまで来るのに大変でしたケド)

食事・衛生面・・・最低限のQOLだけは、しっかり保ち

精神面では、とにかく逆らわない。

話がちぐはぐであっても、そこをわざわざ訂正したり

「違うでしょ!!」なんて正論は、通じませんからね。

はいはい。へー、ほー言うてます。

無理難題言われたら、「それはそうと・・・」と言って

上手に話しをはぐらかしたりしても、ありがたいことにこの認知症とやらは

ついさっきの事を、忘れてくれるんですよね(笑)

(そのくせ、昔のこととかやたら覚えてたりしますが)





「認知症」って、ずっと昔っから絶対あったんですよ。

みんな、年老いて行くと記憶の海馬とやらもやられます。

それは、もうきっと自然の摂理なんですよね。




誰しも「死」への恐怖ってあるんですよね。

大往生であっても、いつ死んでも悔いはないとは言っても

やっぱり、徐々に死へ向かうと言うのは「恐怖」に決まってます。



その恐怖から、なるべく逃げたいんだろうかしら。

今まで仕事もバリバリして、プライドもあり真面目に暮らしていた。

しっかり・きっちりしていた自分が、少しずつ衰えていく寂しさと

対峙している証拠なんじゃないですかね。




恐怖に慄いている人の、突拍子もない態度の急変に

そんな事とは、つゆ知らず慌てふためかない家族はいないでしょう。

しっかりしていた自分の家族の、そんな姿・・・信じたくもないでしょう。

受け入れるのには、それぞれ時間も必要でしょう。


でも、事実その日はやって来ますよね。


これだけは、言いたいのです。

「認知症」は、な~んも恥ずかしいことじゃないですよ。

家族やご近所さん、ヘルパーさん・・・ご迷惑かけることもあるでしょうけど

認知症なんやもん、仕方ないやんって私は思うんです。



もし、父が・・・そしていつか母が・・・。

旦那チャンの両親が・・・・ぃゃ・・・もしかしたら早々に

私自身が・・・・。('∀';) 認知症になるやも知れません。



愛する家族に「あんたどなた?」って聞かれる日が来るかも知れません。

自分の愛する人が、誰なんかわからなくなる。

恐ろしく、悲しいことですよね。



そんな、恐怖と戦っている証なんでしょうね。


もし、自分がそっちの立場だったとしたら・・・

家族が慌てふためき、嘆き悲しむ姿を見るのは辛いだろうな。

そして、もっともっと不安になって病気も進行しちゃうんだろうな・・・。



だったら、いつもと変わらない態度で接してもらえたら

安心するだろうな。


どこまで、本人が理解してるかはわからないけど

私は、そうしてて欲しいと思うだろうな・・・。


迷惑かけたくない。大切な家族を悲しませたくない。

そう思っていたに違いない。

だけと、認知症って言う病魔は待ってくれないでしょ。



その記憶すら、奪って行くんですよね。



理解。



認知。



覚悟。



平常心。



恥じるべからず。



だと、私は思っています。




こんな勝手な話

介護のプロの方が見てられたら、叱られそうですね。( ̄∇ ̄;)ゞ




あくまでも、私個人の考えなので不適切な言葉が

ございましたら、どうぞ

お許し下さいね。











スポンサーサイト

*** COMMENT ***

NO TITLE

お父さん
ご健在でなによりです
ちょっとジーンときちゃった(´;ω;`)

ほんまに大変なこともたくさんあると思うけど
まじめにでも明るく向き合えたらいいよね

おかん父は来月13回忌です
もう会えないんだなぁ~って時々思うけど
家族みんな楽しく生きてます

*よぅちゃんの考え方すごく尊敬すごく素敵
*よぅちゃんファミリーのしあわせ祈ってます^^


*おかんさんへ*

おかんパパーンは、お星さまになられたんですね(*_ _)人e-69
私にも、いつか両親とのお別れがやって来るんですよね・・・。
今は、どんな状態でもそこに居てくれるから
感謝しないといけないですね❤

私ね、この家族に生まれて良かったって思うんです。
むっちゃ金持ちとか、むっちゃ賢いとか・・・そんなん全然ないけど(笑)
それでも、この両親の子供で良かったって。
天国に先に逝かはったら、あっちで待っててもろて
また会いたいですもん。

おかんさんのパパさんも、みんなが楽しく暮らしてくれてるの
見てはると思います(*^-^*)
愛する家族がニコニコしてる姿を見て
パパさんもニコニコしてはりますよ。

悲しんだり怒ったりする顔見せるより、笑顔が一番の
親孝行だと、私も思います❤
長文にお付き合い頂いて、ほんとありがとうです(`・ω・´)ゞ

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。