Que sera, sera*

06-« 2017-07- /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08-
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … つはさものがたりBLOGTOP » 読書・映画 » TITLE … つはさものがたり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つはさものがたり

IMGP4021.jpg


もう一冊。

雫井 脩介さんの「つばさものがたり」

こちらは、いつもステキな本を教えてくれる

Pissenliの*ヒロコちゃんのおすすめの一冊。


あの「火の粉」を書いた同一人物とは、にわかに信じ固いのですが・・・(笑)

とてもステキなお話でした(*´pq`)


『もっと我慢せず、自分のために生きればいい。』

と、帯に書かれている「頑張る人へのエール」として受け取られる

すてきな小説でした。


主人公の君川小麦は、26歳のパティシエール。

東京での修行を終え、ケーキショップを開くため故郷の北伊豆に帰ってきた。

小麦の兄・代二郎と義理の姉・道恵の間には、叶夢(かなむ)という6歳の息子がいる。

小麦にとって甥っ子である叶夢くんには、小さなころから「天使が見える」らしい。

叶夢クンにとっては、大切な初めての友達がその天使の「レイモンド」だと言う。

レイモンドは、人間が大好きで人のオーラを食べて生きているんだって(*´pq`)

レイは小麦さんのオーラが大好物で、小麦さんのオーラは美味しいんだとか(笑)


ちょっと変わった子・・・として両親も心を悩ませては居たものの

もう少し見守ろうと言うことになった矢先に

ケーキショップ開店のため小麦が見つけた店舗物件に対し、

叶夢は「ここ、はやらないよ。レイモンドがそう言ってる」と口にし

周りの大人を戸惑わせる。

しかし、結果は叶夢の言うとおりケーキショップは廃業に…。

さらに、帰京した小麦には家族にも明かせない秘密があった。

君川家の人々は様々な困難を乗り越えながら、ケーキショップの再起を目指す。


a0027_001966.jpg


純粋な心を持つ子供の叶夢くんにだけ見えている「天使」

他の人には、見えないんだけど叶夢くんと天使の信頼感は

見える見えないを超えたものがある。

この際、見える見えないは問題ではない。


天使と一緒に成長していく叶夢くんのピュアさと

小麦さんの健気な心。


いつも自分が家族の「希望の星」でいないといけないと言う気負い。

お母さんに「あなたがずっと頑張ってるの、お母さん知ってるから。

もういいよ。よく頑張ったね。

もう我慢しなくていい。自分のために生きなさい」

そう言ってもらって、やっと心が解き放たれる。


いつも100%全力でなくてもいいんだ。

60%の力でも、自分が頑張ったと思えば、それはもう100%すら超えている。


優しさは、口に出さなくても分かる人には分かる。

分かってもらえない人には、見えないんだから仕方ない。


天使が美味しいって言ってくれるオーラ・・・。

私も出せるといいなぁ〜(^ー^* )フフ♪




最後は、とても切なくてでも温かい涙が溢れるお話でした。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。