Que sera, sera*

09-« 2017-10- /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11-
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 読書は続く・・・・BLOGTOP » 読書・映画 » TITLE … 読書は続く・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書は続く・・・・

「破滅」に魅せられて、久坂部 羊さんの小説

第二弾に手を伸ばしてみました。

page_20100923155457.jpg


タイトルは「無痛」


ここから、少しネタバレありなので

ご注意ですのよ( ̄人 ̄)


お話の舞台は「神戸」

異人館通りや三宮・・・。

作者さんが大阪府出身なだけあって

とても親近感が湧きますね。

ストーリーをざっくりと書きますと

『見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師。

先天性の脳の病気で「痛み」の感覚をまったく持たない男。

別れた妻を執拗に追い回すストーカー。

殺人容疑のまま施設を脱走した精神疾患の十四歳少女。

そして 刑事たちに立ちはだかる刑法39条―。

神戸市内の閑静な住宅地で、これ以上ありえないほど凄惨な

一家四人残虐殺人事件が起こった。

凶器のハンマー他、sサイズの帽子、LLサイズの靴痕跡など

多くの遺留品があるにもかかわらず、

捜査本部は具体的な犯人像を絞り込むことができなかった。

そして事件から八ヵ月後、精神障害児施設に収容されている

14歳の少女が「自分がやった」と告白するが・・・・・・・。(帯より)』




とにかく、読んでて胸糞悪くなるほど

残虐なシーンがあるんやけども

実際、この手の事件って起こってしまってる話やしね。

無差別大量殺人とか、通り魔殺人とか。


SFでもなんでもない、今のこの国が抱えているほんまの事件やからね。

怖いんっすよ・・・・。


争点はこの、刑法39条。【心神喪失と心神耗弱の責任能力】

心神喪失とは、精神の障害等の事由により事の是非善悪を
弁識する能力(事理弁識能力)又はそれに従って
行動する能力(行動制御能力)が失われた状態をいう。
心神喪失状態においては、刑法上その責任を追及することができないために、
刑事裁判で心神喪失が認定されると無罪の判決が下ることになる。


この刑法による、色んな人の葛藤。

健常者が無罪になりたくて、わざと心神喪失状態を装ったり
その診断を下す医師のグレーな部分にも触れ
逆に、本当に心神喪失や精神に病を抱えている患者さんに
対して、異常なまでの迫害や差別。

被害者と加害者の親族の苦痛。




グロイ・・・とか。

エグイ・・・とか。

描写を一つ一つ取れば、そうなんやろけど

そんな表面だけじゃなくて、怖さはもっと奥深い所に

あるよね・・・ってのが私の感想です。



今まで読んだ中でも、この久坂部さんの小説だけは

一言では片付けられへん、何かがある。


続きまして「廃用身」を読み始めました。

もう、すっかり読書中毒です・・・。(?∀?;)



私の中では、久坂部さん。

東野圭吾・・・超えたな(( ̄δ・ ̄)ホジホジ
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。