Que sera, sera*

06-« 2017-07- /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08-
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 読んだとよ。BLOGTOP » 読書・映画 » TITLE … 読んだとよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んだとよ。

小説 『悪人』

上下巻、読み終わったとよ。


!cid_000501cb5886$d5674d10$28393372@yocococo216.jpg

舞台が九州は長崎・佐賀・長崎・・・と言うことで

九州弁?? 博多弁?? その方言がとても心に残ります。




「誰が本当の“悪人”なのか?」と言う帯から

殺人犯の犯人探し的なストーリーかと思いきや・・・・(°Д°;≡°Д°;)




ぃゃぃゃぃゃぃゃ。


むっちゃ、奥の深いお話でしたよ。



殺人犯の祐一が残した言葉。


「どっちも被害者には、なれんたい」




「悪人」が誰なのかと言う、犯人探しなんかじゃなくて

本を読んだ人・映画で観た人・・・

それぞれが、「悪」について考えることの出来るストーリーたい。





犯してしまった罪。

愛した人が、罪を犯していた事実。



被害者の家族。

加害者の家族。


糞のような人間。

無骨ではあれ、優しさのある人間。


あなたには、どうしても守りたい人がいますか?

守る・・・って、どうやって守りますか?





祐一の「犯した罪」と「守り方」を、許せますか??






・・・・・・みーたーいーなーーーーーーーっ(゜Д゜; )ノΩチンチンチ〜ン♪♪





これは、よかたい。

お薦めするとよ〜 (o ̄∇ ̄)o!!
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。