Que sera, sera*

10-« 2017-11- /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12-
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … きっかけBLOGTOP » 未分類 » TITLE … きっかけ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけ

西暦2010・・・(ゃんと・ーナー・いつも・まるなげ)
『オヒシャル・ブログまる投げの乱』から、約一ヶ月が経とうかとしております。

書き手は私ですが、管理人はもちろんオーナー。
ここに来てオーナーが、コメント欄について発言されたのですが
ちょっと戸惑ってます。


ブログを立ち上げたとき、オーナーの意思で
コメント欄は、閉じてくれと言われた。

もつろん私は、指示に従った。


そしたら、最近になって読んで下さっているお客さんから
「なんでコメント欄、開けないんだぉ〜!!」と、声がかかりはじめた。

ありがたいことに
私の書いてる日記に、共感したり気になったりすることを
書きたいと言ってくれている。



その旨、オーナーに伝えたら
こんな回答が返って来ました。



「コメント欄を閉じている理由は、2つある。
1つは、コメントを書いてくれる人が同じ人ばかりになると
他の人が書きたくても書けない人が出てくる。
それは不公平だ。
2つ目の理由は、みんながみんなあなたを好意的に思うとは
限らない。反対意見やマイナスのことを書かれたら
傷つくのは、あなたなのよ?!」





    管理人であるオーナーが、そう言うのだから仕方ない。

理由が何であれ、答えは「コメント欄は開かない。」と言うことなのだ。



  しばし( ̄д ̄)ぽかーん。としてしまった私に
オーナーが、あなたもそう思わない?? と聞いてきたから




私は・・・・。
私は「ブログ」と言う存在を、オーナーがどう認識されていても自由だと思う。
それだけ、ネット上での「繋がり」と言うものは
無限であり自由であり自分にとって都合の良い「ツール」の一つだと思ってます。

だからこそ、逆にネットの向こう側に居る「相手」と言うのも
無限で、自由で、都合の良いものだと思っていて当然。


オーナーがおっしゃる通り、公開し色んな方に見て頂く以上
色んな思いがそこには、発生するでしょうね。
例えそれが自分の意に反して、批判の声であったとしても
それは、真摯に受け止めるしかないでしょう。

自分は書きたいことを書く。でも読んでる人には自由に発言して欲しくない・・・
それは、あまりにも無情だと私は思うけど
でも、それが耐え難いのならばコメント欄を付けない・・・と言うのも
一つの案でしょう。

読みたい人が読んでくれて、読みたくなければ読まなくていい。
自由なのですから。


私のことを心配(?)して、コメント欄を開けないとの判断をしてくれている
その気持ちには、感謝しますよ。
でも、そんなことをいちいち気にしたり傷ついたり
する位ならネットに日記を公開せず、鍵つきのダイアリーに
自分だけで密かに綴っておくといいですよね。

だから、理不尽な嫌がらせや荒しなどに見舞われないために
ブログサイトには「認証制度」や「ブラックリスト」の機能が
付いているんですよね。


しかしながら、自分の個人的な日記じゃないんだから
当然、オーナーの判断に従います。
結果コメント欄は、付けない・・・それでいいと思います。


・・・と、お話を終えました。



この一件で、ふと自分は今
何を目的にこうして日記を書き、公開する「ブログ」とやらを
してるんだろう・・・と考えるきっかけになった。




自分の日常の出来事や思っていることを、文字や写真にして残しているだけの
自己満足な記録でしかないのに

それに共感して読んでくれたり、楽しいコメントくれたりしてもらえるのは
ほんとに嬉しい♪
だけど、もしかしたら・・・
私の発する言葉で誰かを、知らないうちに傷つけてるかも知れない。
「あほちゃう〜??」と呆れている人が居るかも知れない。

でもそんなことを考え始めると、怖くて夜も眠れなくなるだろうから
傷ついちゃた人がいたら、ごめんね。
呆れてる人は、思う存分呆れててね。
あほちゃう〜?? じゃなくて「あほ」ですから(笑)


逆に・・・
正直、自分自身が人の言葉によって
傷ついたことがある。

でも、その人を責める気持ちはない。
違う考えがあって当然。
傷ついたのは、私の勝手だから。
その人のせいじゃない。

ただ、敬遠はするけどね。自分守りたいから(;・∀・)




なげーな。ぉぃ (−?−)チッ。
おちまい。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

+++

ほんとに、いつも自分勝手で自己満足な
日記なのに

もしも、こんなとこまで
付き合って読んで頂いたのでしたら
ほんまに心より(T人T) 感謝です。

何もご期待に添えるような
たいしてお役に立てず終いな私の
こんな日記でよかったら
また、覗いてやって下さい。

+++
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。