Que sera, sera*

09-« 2017-10- /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11-
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 苦言BLOGTOP » 未分類 » TITLE … 苦言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦言

昨日、私は仕事のセミナーで「インターネット・コミュニティ」の

メリットとデメリットのお話を、興味深く聞いて来ました。



ネットの『クチコミ』を、利用すれば瞬時に莫大な利益に繋がる。


ただし・・・・


その情報が伝言ゲームのように、どんどん広がり


それがもし、間違った(マイナスイメージ)情報であった場合、



取り返しの付かないこともある・・・と。



便利であるが故、慎重に取り扱わなければいけないですね。


と言うお話を聞いて来た矢先に、とても心が傷むお話を目にしました。






お友達ブロガーさんが「盲導犬○○を虐待から救いたい!!」と言う


とても衝撃的な内容の転載記事を日記にされていました。


【本文には、盲導犬支援センター名・土地名・盲導犬の名前が載せてあったので


これでは、個人情報が流出してるも同様なのでこちらでは本文・盲導犬のお名前も


伏せさせて下さいm(_ _"m)】


そして、本文の最後には「○○知事室へ抗議のメールをみなさんで送って」となっています。




ナンデ??(°Д°;≡°Д°;)ナンデ?? ここで、私はまず何で知事室にメール??


と、不思議に思いました。



でも・・・私は、以前「盲導犬の訓練士」か「パピーウォーカー」になりたいと思っていたので


このお話は、本当だったら大変だ・・・とマジでテンパりました( ̄Д ̄;;



しかし、私は偶然にもセミナー帰り。


風評被害のお話を聞いて来たばかりなので、ちょっと冷静に考えました。




出所はどこなんだろう・・・・。(?∀?;) と。



実話ですとは、書かれていても何の証拠もないし

掲載元の方が不明では、情報だけが独り歩きしてしまう。



私は、すぐさま盲導犬の協会へ問い合わせてみたけど

残念ながら5時を過ぎていて、繋がらない。


ネットで検索していると、mixiで「ぽちたま」の松本くんが

2007122_492568669.jpg

ブログに載せているとの事がわかり、すぐmixiに見に行きました。



・・・・・ここに、ありました(´;д;`)


4/15の日記でした。



松本くん自身も、どこから聞いた話なのかわからない状態で


mixiに公開されたみたいです。



芸能人の方ですし、まして松本くんは他でもとても動物愛護に協力されていて


とてもステキな方ですよね。


なので一般の人と違って、色んな意味で効力は凄いものだと思います。




色んな意見が飛び交い、結果・・・・昨夜、松本くん本人が


『情報が錯綜しているようですので、依頼主さんへ事実確認をしてますので、
それまでしばらくお待ち下さい。
僕の記事から転載していただいた方もとりあえず「削除」
していただきますようよろしくお願いします!
大騒ぎになってしまい、申し訳ありませんでした。』


・・・と締めくくられていました。





私は、松本くんを責める気持ちは全くなく


むしろ、知らん顔せずもしも本当だったら大変だっ!!


と、思う優しい心の持ち主なんだと思います。


ただ・・・。



知事室に抗議のメールを、たくさんの方が一斉に送る行為に


どんな効力があるのかな。


知事のお仕事に支障が出ますよね?! ただの迷惑行為でしかないような・・・。


抗議の方法は、これしかなかったのでしょうかね・・・。




少し、もう少し冷静になってご自分の立場が「芸能人」であるが故


情報の発信力の凄さを、もう少し慎重に扱って欲しかったですね。





弱者に対する「虐待」については、絶対に許せないことです。


それを、目の当たりに見たのであれば黙ってられません。




ただ、それは「躾」だから・・・と言われたらそこまでです。










盲目の方に限らず、誰かの手を借りないと日常生活に支障を来たす方が


沢山おられます。


そう言う方々が住みやすい環境を、まず作ることや助け合うこと


人間の知恵と力で出来ることから協力するのも、重要なことだと思います。




余談ですが・・・以前、盲目のご婦人が盲導犬を必要ですか??


と聞かれて、外国の方ですがこうおっしゃってました。



「私は、目が見えないんです。だからわんちゃんに助けてもらえるのは

とてもありがたいけど、わんちゃんが助けて欲しいときに

私の目が見えないばかりに、助けてあげられないでしょ?

それはアンフェアーだと思うから、いらないわ。

目が見えて、自立した人になら遠慮なく助けてもらうわ。」


そう言う優しさも、あるんですよね。





もしも・・・・。


このお話が本当だとしたら、盲導犬協会と地域とユーザーさんとの間で

何らかの解決方法を、一日も早く見つけて頂けると信じて祈るばかりです・・・・( ̄人 ̄)
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

そんな情報があったんですね・・・
確かにネットは便利なツールですけど
それが確かな情報かは中々わからないかもv-356
ちょっと恐く感じました〜
盲導犬。このご婦人の意見もなるほどと思います。
でも実際に自分が光を失ったとしたら・・・
ワンコにもすがってしまうかも。
賛否両論ありますよね〜難しい問題です。
とっても興味ある記事でした〜ありがとう!

++ゆうちゃんへ++

( ̄  ̄)(_ _)ウンウン、全くです・・・。
今回の転載記事については、本当にみなさんの優しさ故に
巻き起こってしまった事なので、正直心が痛みました。
ただ・・・冷静に考えれば、もし事実なのであれば当事者同士で解決されるのが
一番だと思うし、ガセだったのなら特定されてしまった方々に
どれ程の迷惑や被害が及ぶのかを考えたら、とても怖いです。
便利な分、ほんとに慎重にそして自分が責任を取れる範疇で
行わないと善意なのが裏目に出てしまうかも知れないですもんね。
私も、今回のことで勉強になりました( ̄∀ ̄)b
盲導犬に関しては、ほんとに難しい問題ですね。
賛否両論あって当然だと思います。
このご婦人の言葉は、まさに外国の方らしい考えだと思います。
動物を愛する気持ちや表現は、十人十色あるでしょう。
ただ、弱者に対してもし虐待や偏見があるのなら
それこそ、絶対あってほしくないと思う気持ちは
みなさん同じなんだと思います。
ゆうちゃんに読んでもらえて、コメントもらえて
嬉しかったです。こちらこそありがとうです。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。